難しい事を言うつもりはありませんが、一度きりの人生、考えてもいいと思う事は結構あります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本気が動かすもの
多くのファンが待っていたと思いますが、僕もその一人です。たくさんのファンに負けない「待ち」のエピソード。彼が優勝した記念といってはなんですが、僕がどれだけ気長にこの時を待ったのか、書いてもバチは当たらないと思います。
2005年のF1スペインGP。BARホンダチームの前年からの速さを見ていれば、そして、特に早かったバルセロナのコースであれば、優勝か2位か・・・といった予想しかできなかったわけです。僕は何と、そこに照準を合わせてハネムーンの行き先をF1スペインGPに。妻にBARのキャップを被せて、バルセロナまで飛び、行き先のイマイチわからない(そしてアロ○ソファンだらけの)電車に乗って、頑張ってサーキットまで歩いたわけです。しかし、一日目、二日目と、何か様子がおかしい。彼の車は走らないばかりか、BARのガレージは開けられもしない。「どうも彼は走らないみたいですね・・・」コアな追っかけ風のジャポネーゼ女子が教えてくれました。(何かユーロ至上主義的なドロ臭い事があったんかな・・・)旅行先でもあり、当時まだかの地にはネット環境も乏しかったので、真実がわからないまま決勝日になりました。少しの希望と共にサーキットへと続く道を歩いていて、とうとうこの日は僕もBARのTSのTシャツを着ていましたが、「No,B・A・R・・・」後ろからイギリス紳士風のおじさまが、哀れそうな目でそう言いました・・・。帰ってから知りましたが、まさかJB号の違反のアオリを喰うとは・・・。

次に懲りずにその年の鈴鹿です。諦めきれなかった。リベンジが必要だったと言ったほうがいいでしょう。すでに身重となっていた妻を連れて、雨の中を通いましたよ。しかし結果は一瞬でコースアウト、そして失格。

当然、妻は愛想を尽かしました。そりゃそうでしょう。ムリもない。2回も報われない経験をしたのですから。ついでに言うと他にも、日常で無言のうちに結果を求められたり、期待されたり、或いはまだ一定他人からの評価を得たことがない、そういうジンワリとしたプレッシャーに晒されているような立場の人(例えば学生等の若年世代)は、結果が出ないことに冷ややかです。これも何となく心情的にわかります。だけど、彼がそれぞれのレベルやそれぞれあったであろう崖っぷちや修羅場で、いったいどういうモチベーションや情念でこれを越えてきたのか、それを考えると、これは並大抵のことではないし、現にエピソードは数多く残されていて、それが僕を惹きつけ、多くのファンの心を掴むのです。

時は経って、フィールドは変わりましたが、このたびの優勝で、今のボス、AJさんのコメントが一番それを表しています。「今まで多くのドライバーを雇ってきたが、本気で勝ちたいと思っている奴はいなかった。しかし彼は違う。これがほんとうのレーサーである。」

如何に選ばれし指折りのレーサーであっても、本気度が周囲を巻き込んで勝ちに繫げる例は、そうめったに見られないのでしょう。極限の世界では、何もかもが神がかり的にハマッていくことがある。今回の彼の優勝がそれでした。この原動は僕は弛まない勝利への渇望、本気度に他ならないと思います。その様子は、彼の永遠のヒーローである、あの神がかったA.セナに似ています。



スポンサーサイト
西風と太陽(オキナワ05)
西風は相変わらず強くて、ただでさえ足早に行ってしまおうとする秋の太陽を、時折雲で覆い隠すような意地の悪いことをする。R58の海岸線はコバルトブルーが基本色だ。だけど今、鉛色が混ざったような色を帯びてきたので、僕は非日常から現実世界へ戻る事を急かされているような気分になった。僕にとってバイクに乗ることは、羊飼いギュゲスが指輪を手に入れる事と同じで、自分だけが求める「よいこと」を具現化する行為以外の何でもないことなのだ。

つぶやき以上虚言症未満-kouri04

考えてみれば、自分の人生はこれまで全く自分のためだけに費やされ、自分自身を満足させるためには限度を設けることをとことん嫌ってきたし、時間といわず財といわず、惜しみなく捧げてきた。なぜなら自分という存在は、自分自身を試したり、可能性を量ったり、常にそういう働きかけをすることで初めて自らを知ることができるからだ。自分は何でも出来ると思い込むことは傲慢だし、逆に何も出来ないと思い込むことは、まだ見ぬ世界があるのにメガネを捨ててしまうことなのだ。

つぶやき以上虚言症未満-bise02


つぶやき以上虚言症未満-bise01


つぶやき以上虚言症未満-bise03

自らのロマンが膨らんだり、欲望の具現化で心が震えることを楽しんだりすることの大切さを噛締めながら、一方でその自分の姿を客観的に見つめる視点を育てた。そうやって自分が一体何であるかを知ることができたから、ギュゲスの指輪Tシャツを自作して、それを着ることができるのだ。
備瀬フク木並木道を抜けると、目の前に広がるビーチを、親子が散策していた。それを眺めていたら、急にお腹がすいていることに気が付いた。朝ホテルを出てから何も食べていない。心が満たされていると、人間は腹の減るのも忘れてしまう。さて、今や僕にも自分のもう一つの可能性が待っているのだった。僕が大切にしている思いを、彼女はわかってくれるだろうか。(おわり)


つぶやき以上虚言症未満-bise4

西風と太陽(オキナワ04)
恩納村からはすぐに島の反対側、つまり太平洋側へ抜けた。そのまま北上すれば、歴史的な経緯があり地元では1号線と呼ばれる快適なR58を気持ちよく走れる事はわかっていたが、僕の物語ではここは夕日を浴びて南下してくる時にこそ走りたい、ラストシーンとしての設定になっているのだから、今味わうべきではないと判断したためだ。
北へ進むにつれて、行き交うクルマの数が極端に減っていく。アメリカの片田舎のような金武町を過ぎると、ヤンバルといわれる山がちな土地へと変化する。酪農の香りと、赤土と、時折むせ返るような草いきれを含んだ東南アジアの風。同じ旅路でも、リゾートホテルで感じる南国情緒は、どこまでいってもそれは南国情緒という言葉の範囲を超えない。あまりにも均質化されたお節介が入りすぎているからだ。だけど、もうここではそのような馴れ合いは皆無だ。初秋の少し遠慮の入った陽射しさえ、僕のささやかなadventurousを嘲笑うかのように照りつける。
それでも怯まずに、むしろハッとするようなコバルト色の入り江が目に入ってもバイクを停めず、黙々と走り続けるのは、「行けるところまで出来るだけ北へ行きたいから」が50パーセント、「久しぶりのツーリングでやはり興奮して浮き足立っているから」が48パーセント、「アメリカ兵が藪の中から出てきそうな気がする」が2パーセント、という心の内訳による。
西風は相変わらず強めで、思ったよりも早く雨雲を運んでくるかも知れない。物語のハイライトは中後半に集中しているのだ。結局、最北端まで北上するのは止めにして、今度は再び島を横断し、東シナ海側に出た。ここまで結構なワインディングも楽しめたのに、出会ったバイクはたったの1台で、普段は控えめにしているライダーの挨拶が、思わず大振りになってしまった。すれ違うライダー同士の一瞬の心の交流は、言葉を解さないところがいい。相手が何を思って、何を話すのかというような部類の話は、本来は自らに訊いてみるほうが余程前向きなのだ。

$つぶやき以上虚言症未満-kouri01

$つぶやき以上虚言症未満-kouri02

今回の旅で僕に翼を与えたKAWASAKI W650は、僕がバイクに乗り始めたときに最初に手に入れたバイクでもある。決して速くはないけど、味とか音は美人の部類だ。海へ面したコンクリート斜面にいた若い男女が、苔で滑ることを予想していなかったのか、手をつないだまま海の中へずり落ちていくのを眺めていた。女のほうはさすがに半ばはにかんだ悲鳴をあげていたが、男のほうは無言で為すがままに海面へ落ちていく。君は彼女のどこが美しくて、どこが愛すべきウィークポイントであるのか、いつも考えているか?・・・さて、太陽も西へ急いでいる。次回でこの旅も最終回にしよう。(つづく)

$つぶやき以上虚言症未満-kouri03
西風と太陽(オキナワ03)
測量法の発見は、世界を均質化したという。つまり、古代の封建的絶対階級制度の世の中では、庶民の生活の場と、貴族階級以上のそれは、現代に生きる僕たちが想像できる常識をはるかに超えて、完全に隔てられた別世界として広がり、物理的にも精神的にも相容れることはなかった。そこへ、モノの長さや重さをある一定のモノサシで表しうるという常識が出現すると、たとえ明日をも知れぬその日暮しの貧民であっても、何でも思ったとおり実現できる王様であっても、手に持ったリンゴの直径や重さは、言ってみれば同じものであるということになったのだ。
実質的に窺い知ることも出来ない向こう側の世界が、実は自分の身の回りと変わらない世界として認識し得ることができる。もちろん今では当たり前の話だし、増してや情報化された世の中だから、どんな人間でも、それが当たり前として「知っていること」が圧倒的に多い世界なのだ。たとえ僕が南国の情緒溢れるリゾートホテルのロビーで、場違いなライダーズジャケットやレザーパンツを着込んで肩身を狭くしてレンタルバイク屋の送迎を待っていたとしても、「それはそれ」で片付いてしまう。

$つぶやき以上虚言症未満-hiro01

一方で、僕としては測量法の恩恵を受けた生活をしている。道路地図。確かに均質化や合理化は、世界に見知らぬ何かが待っているといったようなロマンの膨らみとは対極にあるようなものだ。メートルやキログラムが世界を小さなものにしたのなら、そこに沢山の情報を盛り込んだ道路地図などというものは、夢やロマンをお守りのように大切にする性分からすれば、何とも歪で、無粋なものとして位置づけられるだろう。だけど僕は、道路地図を片時も離さない。もう数十年も家のトイレにはロードマップが常備されているし、古くなったと思ったら更新する。PCを開ければ、必ずグー○ルマップにアクセスする。でもこれは、王様と貧民が同じ世界に住んでいる事を確認しているわけでもなく、特定の異性をストーキングするためでもなく、もっとれっきとした、切実な能動によって行われている事だ。

$つぶやき以上虚言症未満-hiro02

人は誰でも、知っている事や知り得た事だけで生きているわけではない。だけどこの自由な競争を生きる中で、より知っていることが多いほうが得をするような気がして、また、そうでなければ情報の回転寿司はどんどん流れていってしまい、なにも得られずに空腹を満たせないような気がして、多くはそこへ手を伸ばす事に精一杯になる。しかし人間は、そのようにして得られる知とか情報に対して、必ず自分を対比させたり、居場所を与えるような視点を持ちながら生きている。カラッポの入れ物に、どんどん詰め込んでいるだけではなくて、絶えず自分という存在にそれらをぶつけているのだ。
では、均質化や合理化、過剰な情報の波に流されずに、自分を支えてくれるものとはなんだろうか。それは物語だ。道路地図を見て、そこから情報を読み取ることは誰にでもできる。だけど、得られたものを自らの感覚と統合して街や街道の風景を思い描いたり、地名や地形から現地の人々の暮らしぶりを想像するのは、完全に自我の能動の領域なのだ。僕は、地図を見て読み取りながらロマンを付加する。すなわちこれは、マップ上の物語の製作なのだ。そしてまさに、このことのために地図を持つし、バイクでトレースするのは、完成した物語の試写会なのだ。(つづく)

$つぶやき以上虚言症未満-hiro03
西風と太陽(オキナワ02)
いくら想像力が逞しくて、物わかりのセンスを持ち合わせていても、陸続きでない南の島までやって来て、そこで6,7年ぶりに一人でツーリングをしようと思えば、これはちょっとした冒険だと身構えざるを得なかった。サンゴ礁の写真をバックに、蛍光ピンクや蛍光イエローの文字が、ひと時も休んでいる間はないのだよと急き立てる商魂のオバケのような旅情報誌でさえ、非日常を最大限謳歌しようとして悶々とする僕には親切な道しるべのように見えた。
しかしこの島が、一体どういう場所であるのか、情報誌を読めば読むほど、それは説明が難しいのだった。マリンブルーや、あるいはエメラルドグリーン、南国らしい果実のショッキングな色彩は、鉛色で閉ざされる冬も日常としている感覚からすれば、俄には信用ができない。現実味を帯びないから、夢物語の中をバイクに跨ることになるのだろうか?これは本意ではない。僕はシッカリと胸に刻んで持ち帰らないといけないのだ。そうする義務がある。この旅に出るために、もうすでに多くの折り合いがお膳立てをしてくれたのだから。例の台風には遠慮してどいてもらったし、前日までの仕事の疲れから一瞬おかしくなった体調も治まった。娘さえも理解して協力してくれている。まだ少し西風が強いが、明日は止むだろうか?(つづく)
$つぶやき以上虚言症未満-娘
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。