難しい事を言うつもりはありませんが、一度きりの人生、考えてもいいと思う事は結構あります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この世界はどこから眺めるのが美しいのか

「私は天然だから・・・」或は「私は童顔で子供っぽいから・・・」と振舞う人を見て、それをものすごく嫌ってしまうが、一方で、嫌ってしまう自分の性格も良くないのではと思っている人がいました。こうしたことに捉われない、性格美人になれないものだろうかと言います。そこで僕も考えてみました。


あなたが掲げる2つの人のタイプというのは、人間の自我の働きから言って、どちらも同じ地点に立って、同じようなことを言っているにすぎません。
人間は誰でも自我を持っていますが、この自我というのは本質的に他人に認められたいという欲求です。ゆえに人間は他者との関係性をなくしては、つまり一人では生きられないのですが、あなたが自分のことを「性格悪い」と思うことも、他人のそういった媚び諂いを不快に思うことも、「ふんわりした性格美人に」なりたいと思うことも、全て自我の成せることなのです。
このことがあなただけでなく、世の中の人間全部にそれが起こっているので、この世の中は、承認しあうことによって成り立っている世の中だということができます。
そこでどうしたら、「ふんわりした性格美人に」なれるかという問題ですが、まず、なぜあなたが掲げる2つのタイプの人間を不快に思うのかということをご自分で認識する必要があるのですが、一言でいうならそれは、あなた自身が今現在、その嫌悪する対象と等身大である。ということに尽きると思います。
人間が、自我の関係世界に生きる以上、自我の持つ本分によって、この世の中は承認し合う世界であると同時に競争ゲームの世界です。全てが、よりよいもの、より美しいもの、ほんとうのものを目指すということです。あなたが周りの人に反応してイライラしているということは、その他人の言動が、自分の価値基準や美に対する意識を大きく揺さぶっているということなのです。
ということは、それを超える、凌駕するような自我を育てるしかありません。上には上があるとは、よく言われる言葉ですが、この世の中は、「天然」とか「童顔」とか、そのような安易な評価に縛られないほど広く奥深いものです。
また、あなたの「ふんわりした性格美人」を認めるのは、あくまでも他者だということも忘れないでください。


・・・目に映る世界だけが全てではない。より大きく、より深く、より多様な世界が広がっていることを知り、周りの人よりも広い視野で生きて欲しいと思います。情報化時代とはいえ、生活の中で見渡すことができる世界など、案外狭いものです。こうした中だけで自分の価値基準が出来上がってしまうことは、価値基準自体が薄っぺらなものにしか育たない。周りを見て成長するのは人間として最低限の仕事です。要は、そこからどれだけ飛躍できるかでしょう。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。