難しい事を言うつもりはありませんが、一度きりの人生、考えてもいいと思う事は結構あります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本当に「超越したカッコイイ仕事(super cool biz)」になり得るか
script_topilog,http://jss.afpbb.com/mbsv/sdata/medianewsdelivery/msnsankei/ameba/js/utf8/110087000/ef09c7b1c02979219c2c441d42d098db_5cdc67ac7c7dc6402988b6bd545f2d10.js

いいか悪いかの判断は別、というか自分ではできないとして、僕は物心ついた頃から他人に服装を規定されるのが好きではありませんでした。いま、自分とは何か、自由とは、裁量とは何か、こうしたことに常に関心があり、日々学ぼうとしている者にとっては、自らが着用するものは完全に自分の世界の話なのであり、その全てにおいて責任を持つという心情の上にこそ自由が享受できるのだとするなら、自分以外の何ものかが「これを着るべき」とすることは、邪魔であり余計なことでしかありません。

さてそこで、「クールビズ」ないしは「スーパークールビズ」ですが、僕は否定はしません。だけど、どうしてこうも不器用な提案の仕方しかできないのか、と思うところはあります。簡単に言うと、「この度よりTシャツやジーンズは○で、でもこれはダメです。」この言い方が、いかに稚拙で陳腐なフレーズだということに、誰も気付かないのだろうか、ということです。これではまるで、学生の校則です。

当然賛否の中では、この個別の品目の可否について議論があることだと思います。だけどそんな事よりも、夏場の電力不足に対して何が有効なのか、着る者も見受ける者も、お互いが快いビジネスシーンとはどんなものなのか、こういった事について、誰もが考えていけるようなキッカケを提案することのほうが、余程重要なのではないかと思います。

この日本という国では、勤勉さが美徳とされてきました。「Tシャツやジーンズは○」と言われても、このイメージが勤勉さに繋がるには、相当な時間がかかるような気がします。一方で、この地球上には、ランチから3時まではシエスタ・・・でもそれが「当たり前」というような社会もある。僕は自分が日本人離れしたパラダイス的な感覚の持ち主だとは思っていないし、むしろ律儀な性格だから慢性的な肩こりや偏頭痛に悩まされる。でもそういう僕から見ても、「服装」を規定することにより夏場をなんとかしようというお話は、あまりに不器用で、滑稽だという印象を拭えません。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。