難しい事を言うつもりはありませんが、一度きりの人生、考えてもいいと思う事は結構あります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
結婚とはなにか
結婚とは「協力」すること! 働く女子が考える「『結婚』をひとことで表す言葉」ランキング
女子にとって、結婚は人生の大きな節目。特に働く女子にとっては、自分の働き方が変わるかもしれないビッグ..........≪続きを読む≫


・・・晩婚とか、結婚しない選択など、今の世相をよく表した結果だと思います。何しろ今や、女性が生きていくために、家庭に入るといったような既成概念はほとんど過去の話のようになっていますし、これには女性の社会進出や、様々な意味での男性の弱体化、神話イメージの崩壊が、少なからず影響しているんだと思います。

女性の3人に一人が「協力」だと。確かに結婚後の現実的な世界観がそこにはハッキリとあると思います。しかし、他人同士が一つ屋根の下で永遠を誓い合うために、「協力」という現実的な条件だけで動機付けられるのか、どうしても疑問が出てくる。もっと言えば、「協力」という言葉を持ち出したとたんに、パートナーの人格を自分と相対化して置いてしまう、混ざり合うことのない2つの自我、といったような図式がイメージされてしまうのです。

僕は自らの経験から、確かに「協力」は結婚後の最低条件ではあると思いますが、結婚自体を一言で表すような言葉であるとは思いたくない。実はもっと先、というか、人間の深い部分まで見通すことが、結婚観や、ひいてはそれが、自らにもっとも近い他者を生涯の伴侶とする、その一番の動機付けになると思うのです。他人の自我を相対化し、遠ざけていては進展はないのです。「協力」は確かに、異なる自我の歩み寄りではあると思いますが、簡単に翻るようなことも容認される。これでは、「協力」がとても見込めないような価値観の相違がある場合は、その入り口から対象外に置かざるを得ない。その時、自らの価値観がこの多様な価値の世界の中で、どれほど小さく、またどれだけの見通しを持っているかに気がつかなければならないのです。

つい長くなりましたが、僕なら「結婚をひとことで言えば」という問いには、さしあたり「共有」という言葉がしっくりきますね。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。