難しい事を言うつもりはありませんが、一度きりの人生、考えてもいいと思う事は結構あります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
道を歩くときに必要な道具とはなにか

「洗練」という言葉をハンドルネームにしている若者が、就職ができないでいることをキッカケに、自分のやりたいことは何かがわからないと悩んでいました。同じような質問に過去にも回答してみたことがありますが、沢山の物を与えられすぎて受動的になり、既に規定路線や固定観念を信じ始めている現代の若者に、生きるとはどういうことかを説くことはとても難しいと思いました。


あなたの質問に出来るだけわかり易く答えるために例えを思いつきましたので、ちょっと読んでみてください。
今、あなたは自分の将来、人生について見通しが立たないことで悩んでいます。この状態を、街灯のない真っ暗な夜道を歩いている状態だと思ってください。真っ暗ですから、当然行く先が見通せずに、不安になります。そこであなたは、仕事に就くことで不安感を払拭しようとします。この状態は、例えて言うなら目の前の道を照らす小さい懐中電灯を持つことだと思ってください。
しかしこの懐中電灯は、あなた自身の過失により落として失くすこともあるし、壊れることもあるし、電池がなくなる事も予想され、ひどい場合は同じように前が見えないと悩んでいる人に奪われることもあるのです。
さて、この楽しくない例えから私が言いたいのは何かと言うと、自分の人生がこれからどうあるべきか、そのことを考えるには、あなたの日々行っていることはあまりに近視眼的だということなのです。どうあるべきかを悩んでいるのではなくて、安定した就職先について悩んでいるのだと、あなたは言うかも知れません。しかし、成人した後において「目標がなく、やりたいことがない」と断じてしまうあなたの視野では、仮に就職できたとしても、同じようにそこから先の見通しを、あなたは見失ってまた悩むでしょう。
随分厳しい事を言っているようですが、普通の人が、自分はどう生きるのかを自由に選択できる世の中になったのは、実は最近のことなのです。そこでみんな、一度は同じように悩むのです。人生とは?自由とは?・・・このカテゴリの相談でも数多く見られます。
私がアドバイスするとすれば、先の例で言えば、あなたはもっと大きな懐中電灯で、今よりもっと先の道を、広く照らすべきなのです。質問文から察するに、あなたはまじめな人間であり、ハンドルネームから憶測すれば、人生の洗練に興味がある人なのです。洗練とか、生の充足感は、ここまでやればいいというようなゴールはどこにも設定されていません。生きている限りは高められるような、永遠の課題なのです。と同時に、こうでなければならないというような人生も無いのです。


・・・どんな情報でも1クリックで簡単に得られるような世の中ですから、こんな抽象的な回答ではまわりくどいだけかも知れませんね。だけどこういうことは、入試の答えのようにモバイルで検索しても出てこない分野の話です。具体的に何かをすれば得られるというようなものではない、ということを身に沁みなければならない。やはり「洗練」も、その向こう側にしかあり得ません。

スポンサーサイト
学生は何を悩むべきか
今週はお疲れ気味なので、少し軽めな議題にします。
ある大学生が、他人から自分の容姿のことを褒められることについて、「悩んでいるのでどうしたらよいか教えてください」と投稿していました。つまり、自分としては自分の容姿が評価できないのに、周りが「かわいい」とか「美人だ」とか、人に紹介されるときも学校の自慢のように言われることについて、当惑している、ということです。どの程度深刻な悩みなのか、単なる自己表現の変形なのかは置いておくとして、マジメに回答してみました。

悩む場所が間違っています。
今は学生ですから、そのようなことは考えないかも知れませんが、ルックスや容姿を売り物にする商売でもしない限り、見た目の良さだけでは生きてはいけない時が必ずやってきます。
あなたの自信の無さは、「人間は容姿だけで出来上がってはいない」という暗黙に気がついているところから来ています。今、クラスの異性から容姿が悪いことで疎まれている人がいることを想像してみてください。人間は、美しいものに惹かれることはごく自然なことであり、またその逆には美しくないものは避けたい対象になってしまうのです。そんな状況から見れば、あなたはずっと良い環境にあると言えます。ただ、ここから先は、あなた自身の問題です。
人間の関係性の入口で、まず他人が「美しい」あなたに惹きつけられるのは、今のあなたにとっては大きなプレッシャーかも知れませんが、その先にあるものは容姿の良し悪しではなく、むしろその人(あなた)が持っているパーソナリティや人間性です。本当にあなたが可愛いか美人か、あるいはそうでないかは、あなたが判断する問題ではないのです。
大学時代というのは、こうしたことを考えるいい機会でもありますから、存分に悩んで、勉強して、今より大きなあなたになってください。

・・・昨今の女子というのは、こういうことで本当に悩むものなのでしょうか。まあでも、悩むにしても大学生になってこれでは、少しばかり将来が知れているような気がしますが・・・
西風と太陽(オキナワ02)
いくら想像力が逞しくて、物わかりのセンスを持ち合わせていても、陸続きでない南の島までやって来て、そこで6,7年ぶりに一人でツーリングをしようと思えば、これはちょっとした冒険だと身構えざるを得なかった。サンゴ礁の写真をバックに、蛍光ピンクや蛍光イエローの文字が、ひと時も休んでいる間はないのだよと急き立てる商魂のオバケのような旅情報誌でさえ、非日常を最大限謳歌しようとして悶々とする僕には親切な道しるべのように見えた。
しかしこの島が、一体どういう場所であるのか、情報誌を読めば読むほど、それは説明が難しいのだった。マリンブルーや、あるいはエメラルドグリーン、南国らしい果実のショッキングな色彩は、鉛色で閉ざされる冬も日常としている感覚からすれば、俄には信用ができない。現実味を帯びないから、夢物語の中をバイクに跨ることになるのだろうか?これは本意ではない。僕はシッカリと胸に刻んで持ち帰らないといけないのだ。そうする義務がある。この旅に出るために、もうすでに多くの折り合いがお膳立てをしてくれたのだから。例の台風には遠慮してどいてもらったし、前日までの仕事の疲れから一瞬おかしくなった体調も治まった。娘さえも理解して協力してくれている。まだ少し西風が強いが、明日は止むだろうか?(つづく)
$つぶやき以上虚言症未満-娘
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。