難しい事を言うつもりはありませんが、一度きりの人生、考えてもいいと思う事は結構あります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
小さく、黒く、逞しい生命
16年という歳月を妻と共に過ごしたラブラドールが亡くなってから5か月が過ぎ、その存在の大きさから「この次」という声はなかなか聞くことができないだろうと思っていた矢先、縁というものや妻の英断があって、それは唐突に我が家にやって来ることになった。

犬という生き物は今や動物というよりは、人間世界の鏡といった存在だと思ったほうがいい。そういう意味では先代のラブラドールはとにかく最後まで高飛車なお嬢様を貫き、種の中では最高齢に近いにもかかわらず、所謂老いぼれであることを認めなかっただけでなく、犬であることさえ否定していた。美しいものは美しいし、庇護されることに遠慮など必要はないのだ。その生き様は清々しいし、羨ましくさえある。

今般迎えたのは父プードル、母シュナウザーのエキゾチックな娘。小さく、黒くてか細いし、先代の野太さに慣れた目から見るとガラス細工のようだが、迎えに行った先の環境がそうさせたのか、これは殆ど「あばずれ」と呼びたくなるような風貌だった。だけど、いつしかのハリウッド映画にもあったように、「磨けば光る原石を磨く楽しみ」を予感させるものが、確かにこの娘にはありそうだ。

つぶやき以上虚言症未満-ノエル


例えばこの娘の境遇を自分に置き換えてみればいい。何も知らされずに知らない夫婦に引き取られ、遠くの知らない土地で暮らすことになるなんて、ちょっと想像できない。しかしこの娘は一つも取り乱すことなく、かといって下手に出るようないやらしさも見せず、自分のペースで新たな環境に適応しようとしている。触ってみると、線香花火のような心臓の鼓動が感じられ、それを魚の骨と変わらないあばら骨が辛うじて支えている、ただそれだけの体しか持ち合わせていないのに、その中身は見上げたものだ。

この娘を見ていると、純粋に生命体としての「逞しさ」とか、生命の進み行きに想いをめぐらさずにはいられない。12月生まれの独仏合作娘のために、我々は「ノエル」という名前を贈ることにした。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。