難しい事を言うつもりはありませんが、一度きりの人生、考えてもいいと思う事は結構あります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
これはファイナルアンサーなのか
長い間、多くの自分の考えを投稿して放置していた某掲示板の中で、今の自分が持つに至った考え方をこのブログに移植します。それは、シンプルかつ切実で、多くの人が課題としている、「(自分が)生きる意味とは何か?」という問いに対する回答です。

「生きる意味」・・・この掲示板で、このことを質問している人は数多くいます。それだけ、「生きる意味」を考えることは、多くの人の課題になっています。逆に言えば、今の世の中は、こうした問いを個人に想起させる世の中だと言えます。
例えば、あなたは生まれながらにして、「あなたが生まれたのはここからここまでの道路をつくり、維持管理するためなのです。」と決定付けられているとしたらどうでしょうか?確かに世の中の人間がみな一様に自分の生を抗えない力で決定付けられているのなら、誰も「生きる意味は」などと考えないでしょう。近代以前の封建的な社会では、これが当たり前でした。これはなにも職業の選択だけに止まらず、結婚や日常の常識とされることさえ、慣習がものをいい、そこから逸脱することは個人の裁量を越えたところにあるような時代だったので、身の回りの生活のあれこれは、万事が予定調和的な運びのうちにあって、誰も疑問には思う者はいなかったのです。
しかし、あなたも気付いているとは思いますが、今の世の中は違います。封建的な社会は滅びて、自由主義の社会なのです。誰でも、自分が思うさま、人生を歩むことができるのです。予め自分の生がどのようなものか決まっているような想定に対して、あなたが違和感を覚えるのは、あなたは「生きる意味」を問いながらも、暗黙のうちには「生きる意味」を見出すのは個人の裁量に任されているものであることをほんとうは知っているからです。
またあなたは、もう一つの違和感を持っているはずです。先の想定で、「あなたの人生はこれそれです。」とあなたに告げることの出来る存在が何なのか、そんなものはあり得ない。というものです。封建的な社会が独裁や専制の形を必要としていたように、個別の「生きる意味」を予め設定しようとするなら、それは人間を超えたところに絶対的な権力を持った何らかの存在を置かなければならないのです。今の世の中は、そんな世の中ではないことをあなたは知っているし、神様などの人間を超越した存在を信じるのは個別の志向でしかありません。
僕は神様や宗教を信じるなと言いたいのではありません。ただ、封建的な社会が滅びて、人間を越えるような存在を置くのは失敗だったと史実が証明しているからには、そういったところにはほんとうはないわけです。このように考えると、「生きる意味」というのは、少なくとも、誰が決められる訳でもなく、誰かが与えたり教えたりしてくれるものでもなさそうです。僕があなたに言えるとすれば、人間は、どんな人間でも、一生かかっても、すべての個別の人生を見渡すことなどできず、世界が何であるかを隅々まで知ることはできない。それを知っているはずなのに、誰でも今より次の瞬間を善いものにしようと活動します。まず、この事は何故なのかを考えなければなりません。そして、それをどこまで押し進めることができるのかは、全く個人の裁量であり、そこに自由があるのなら、出来る限り進めてみようと思うこと、その生き方こそ、意味を持つことだと言えるのではないでしょうか。

・・・これは正しいか正しくないか、そういう問題ではないと思います。だけど、僕はこう考えることができるようになった事により、割とスッキリした今の自分があると思いますし、もちろん、だからと言ってこれでおしまいでもない。
スポンサーサイト
花の都
でも実際には、4月のパリは寒いと思います。
パリは都会です。都会だということは、人のいろいろが渦巻くところでもあります。スリも引ったくりもいれば、タクシーの運ちゃんもアクドイ事をします。車同士が平気で接触します。
だけど、もう一度いってみたい気分にさせます。
それはたぶん、未だこの街には、洒落っ気や味わいというものに敏感で、人の作り出す豊かさを大切にしようという気質があるからだと思います。

しかし巡礼ときましたか
やっぱり期待している人が多いのか、タイトルからいろいろな憶測が出ているようです。前回が記号めいていて、今回は説明的。反動なんでしょうか。

http://news.mynavi.jp/news/2013/03/15/150/index.html



そういえば、名著の誉れ高い「世界の終りと…」では、「と」のあとに「、(句読点)」はなかったですよね。

春は年度変わりで何かとバタバタするし、花粉症は厄介だわで、あまり楽しくないのですが、一つ楽しみができました。
引っ越しソバの代わりに
アメブロで2年半ほど過ごして、初めてブログの引っ越しをしました。
はじめにお断りをしておきますが、アメーバが悪いわけでもなく、コミュニティ上でトラブルがあったわけでもありません。ただ、僕がブログを書くのは、自分の考えを自分で整理するためであり、それを少しでも他の人が見て、欲を言えば共感や批判をしていただきたいからで、ネットの上であっても心の交流が可能であることを確かめたいからなんです。
アメーバはいろいろな仕掛けが豊富で、言うならばテーマパーク的なアトラクションを巡る場という印象が強く、初めは楽しんでもいましたが、徐々に違和感を感じるようになりました。用意された限定的な世界の中で、夢にでも冒されたかのように毎日動き回ることは、僕にとっては息苦しいものでした。中毒性があるだけに、余計に厄介でした。
もう一つ大きな要因は、自分の生活がインドアからアウトドアに向くことが多くなったことです。僕は学生の頃からMTRやシンセを触り、ピアノも好きでしたから、部屋の中に居れば1日でも2日でもゴソゴソできたのですが、今や暖かくなれば毎日のようにジョギングをし、キャンプへ出かけ、バイクにも乗り、冬になればスキー板を磨いて雪が降るのを首を長くして待つような人になってしまいました。こうなると、ますますPCに向かう時間も少なくなります。
要するに、年をとったということでしょうか。もちろん今でもピアノは弾いていますし、パソコンもなしには一日が過ごせないのですが、自然を少しでも身近に感じて生活することは、本能的に体が求めていることのような気がするのです。
淀みは再び清浄化できるのか
何の罪もない人がいきなり刃物で刺されるといったような事件を耳にするようになりました。報道によれば、街には防犯カメラなるものが設置され、犯人らしき人物を映し出すこともできているようですが、傷ましい事件が起きた後となっては、無常感をぬぐい去る材料としてはあまりに貧弱なものにしか感じられません。私の住む街にはこういった設備はほとんどありませんが、こんな事件のような危険を感じる事はまずありません。もっと人目が届く社会だからだと思います。単なる田舎というなんでもない事実は、考え方によっては貴重な社会の機能を有した場所だとも言えるわけです。しかしこれも、都市部と比べて、というレベルですが。

このことを考えていたら、少し前に某掲示板で、70歳になった方が、「人生奮い立つような言葉をください」と書かれていたことに対し自分が書き込んだことを思い出しました。

私は仕事上、50歳代から70歳代のごく一般の市民の方で構成されるある組織の担当者として、それらの年代の方と日常的にお話する機会も多く、時にはこの組織の活性化のために、立場をわきまえずに意見を差し延べるようなこともあります。そんな中で一番感じることは、それぞれ大よそ10年単位の世代間で、持っておられる基本的な社会に対する姿勢や理念というものが異なっているということです。個人的な好みにすぎないのかも知れませんが、私は、現在の70歳代以上の方の考え方や発言には含蓄を感じたり、同調することも多いのですが、60歳代以下の方のそれにはそういった場面が少ないように感じます。もっと言わせていただけるなら、60歳代以下の方からは、社会性や公共性から逃れていくような示唆を感じることが多いのです。
少し遡って考えるなら、前述で私が問題視している年代というのは、団塊の世代と呼ばれ、日本の高度経済社会発展に寄与してきた世代です。彼らの働きにより、勤勉な国民性のイメージは定着し、続く世代も努力が生活の安定に繋がることを受け取りました。しかし、この世代の子どもたち、つまり私を含めた以降の世代に、それまで見なかったような問題行動や社会現象が起きているのはなぜなのでしょう?大きな経済の発展の影に、何か、人間それ自体の成長を妨げるような、重大かつ基本的事項の伝え欠き、置き忘れのようなものがあるのではないでしょうか?
私は、70歳代以上の人が言う事については、含蓄があると書きました。つまりそれは、団塊世代が後世に伝えていないものを感じ取るからだと思います。もしここまで読んでいただいたのでしたら、面白くない書き込みをさせていただいたことをお詫びしますが、あなたが何か、今以上の活動に奮起されるなら、この不躾な若輩者の言う事も片隅においていただきたいのです。

・・・昨今のPTA等の場でも、役員を選出したりする場面では必ず不調に終わって、難航するクラスがあると聞きます。面倒な事は自分がやらなくても誰かがやるだろう。公共性や社会性を自分から遠ざける卑近な例です。社会というのは、まさに川の流れと同じで、放っておくと個々の垢がどんどん淀みを作っていきます。淀んだ川の中では可愛い稚魚も大きく育たないし、やっぱり見通しも利かないので、犯罪も起き易くなるのです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。