難しい事を言うつもりはありませんが、一度きりの人生、考えてもいいと思う事は結構あります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本気が動かすもの
多くのファンが待っていたと思いますが、僕もその一人です。たくさんのファンに負けない「待ち」のエピソード。彼が優勝した記念といってはなんですが、僕がどれだけ気長にこの時を待ったのか、書いてもバチは当たらないと思います。
2005年のF1スペインGP。BARホンダチームの前年からの速さを見ていれば、そして、特に早かったバルセロナのコースであれば、優勝か2位か・・・といった予想しかできなかったわけです。僕は何と、そこに照準を合わせてハネムーンの行き先をF1スペインGPに。妻にBARのキャップを被せて、バルセロナまで飛び、行き先のイマイチわからない(そしてアロ○ソファンだらけの)電車に乗って、頑張ってサーキットまで歩いたわけです。しかし、一日目、二日目と、何か様子がおかしい。彼の車は走らないばかりか、BARのガレージは開けられもしない。「どうも彼は走らないみたいですね・・・」コアな追っかけ風のジャポネーゼ女子が教えてくれました。(何かユーロ至上主義的なドロ臭い事があったんかな・・・)旅行先でもあり、当時まだかの地にはネット環境も乏しかったので、真実がわからないまま決勝日になりました。少しの希望と共にサーキットへと続く道を歩いていて、とうとうこの日は僕もBARのTSのTシャツを着ていましたが、「No,B・A・R・・・」後ろからイギリス紳士風のおじさまが、哀れそうな目でそう言いました・・・。帰ってから知りましたが、まさかJB号の違反のアオリを喰うとは・・・。

次に懲りずにその年の鈴鹿です。諦めきれなかった。リベンジが必要だったと言ったほうがいいでしょう。すでに身重となっていた妻を連れて、雨の中を通いましたよ。しかし結果は一瞬でコースアウト、そして失格。

当然、妻は愛想を尽かしました。そりゃそうでしょう。ムリもない。2回も報われない経験をしたのですから。ついでに言うと他にも、日常で無言のうちに結果を求められたり、期待されたり、或いはまだ一定他人からの評価を得たことがない、そういうジンワリとしたプレッシャーに晒されているような立場の人(例えば学生等の若年世代)は、結果が出ないことに冷ややかです。これも何となく心情的にわかります。だけど、彼がそれぞれのレベルやそれぞれあったであろう崖っぷちや修羅場で、いったいどういうモチベーションや情念でこれを越えてきたのか、それを考えると、これは並大抵のことではないし、現にエピソードは数多く残されていて、それが僕を惹きつけ、多くのファンの心を掴むのです。

時は経って、フィールドは変わりましたが、このたびの優勝で、今のボス、AJさんのコメントが一番それを表しています。「今まで多くのドライバーを雇ってきたが、本気で勝ちたいと思っている奴はいなかった。しかし彼は違う。これがほんとうのレーサーである。」

如何に選ばれし指折りのレーサーであっても、本気度が周囲を巻き込んで勝ちに繫げる例は、そうめったに見られないのでしょう。極限の世界では、何もかもが神がかり的にハマッていくことがある。今回の彼の優勝がそれでした。この原動は僕は弛まない勝利への渇望、本気度に他ならないと思います。その様子は、彼の永遠のヒーローである、あの神がかったA.セナに似ています。



スポンサーサイト
肌色の絵は絵空事を越えたのか
今、僕の仕事というのも地域振興みたいな事をやらせていただいているんですが・・・。うーん。
こんな事を言うのは頭が古い証拠かも知れませんが、下記のような例というのは、言ってみれば幻想が社会進出してコミュニティが活性化しているという事ですよね?
あくまで、生身の人間がお客さんを呼び寄せているんじゃなくて、擬人化した幻想を介してコミュニティというか、人間の営みが成立すると・・・。
どういうふうに捉えたらいいのでしょうか。ほんとうに、これは地域振興なんでしょうか。現代人のリアルというのは、すでに肌色の絵の中に取り込まれてしまっているのでしょうか。うーん・・・。
仕事が忙しいので、つい、つまらない事を言ってしまう。早く休みになってキャンプに出かけたいですね。

http://news.mynavi.jp/news/2013/04/18/259/index.html

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。