難しい事を言うつもりはありませんが、一度きりの人生、考えてもいいと思う事は結構あります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
万物は流転する
久しぶりに更新します。
冬は冬で楽しみました。スキーはやっぱり中毒性が高いです。滑ること自体が爽快だということは疑う余地もないですが、シーズンに終わりがあって、一旦はブーツを脱ぎ、片づけなければならない、そういう名残惜しい瞬間のあるところもまたいい。3シーズンはジョギングして、来シーズンはもう少し上手くなりたい。雪はどのぐらい降るのだろう。そういう身体と自然に向き合った伸びしろに楽しみがある。
時は移ろい、身の回りにもいろいろと変化がありました。子どもが小学校中学年になりもうどう見ても幼子とは言えない人間になったこと。仕事に異動があり、環境が変わったこと。ガラパゴス化していたネット環境が現代的になり、仕事上必要だからということで遅ればせながらモバイル機器を持ち歩くようになったこと。バイクの呪縛から解放されたこと。地域やPTAの役を務めることになったこと。
かなり忙しい身の上になったことで、否定的だったモバイル通信を導入しましたが、この便利さに力を借りる場面が多くなると、なぜいままで否定的だったのかわからない、と感じている自分がいて、ハッとします。
今さらの議論かもしれませんが、便利さを否定するのではなく、便利さに鈍感になることや、身体機能が退化すること、行間を読んだり慮ったり、センスが平坦化して錆ついてしまうような無意識、無頓着、怠慢、これに自ら視点を持っていることが大切なのであって、そうでなければ人間はそのうち、手帳を上手に扱う者ではなく、逆に掌に載るような手帳に操作される単なる指になってしまう。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。