難しい事を言うつもりはありませんが、一度きりの人生、考えてもいいと思う事は結構あります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
音をめぐる交流
一緒に音楽をやっていたチームのメンツとは、ごくたまに、思い出したようにメールをやりとりすることがある。メンツといっても自分より10も若いので、自分から見れば教え子のようなものだけど。常識ならお互いがいい大人なので、時効の挨拶や近況等伝え合ってもおかしくないが、全くいい意味で無礼講というか、思いついたことしか文章にしないので、ほとんど音楽の話だけで終始する。だから今どこでどんな生活なのかも知らないし、どこへ向かっているのかさえ、お互いが知らない。考えてみれば不思議な交流だ。でも、それがかえって純粋な音の交流になっているのかとも思う。
とにかくつい最近、ある気になった曲があって、あの子なら好きそうだと思って聞いてみたら、やっぱりその様子で、しかもタイムリーにはストライク過ぎて敬遠していたという。若さゆえの屈折がそうさせていたのだと。穿った見方をすると、そのことを自ら自意識過剰だと言っているようなニュアンスもあったので、ここは先輩としてフォローを。

・・・「自分は特別だ!」と思うことは、実は大事なことだ。むしろ特別だと思わないと、今の自分は存在しない。自分が、他の「よくいる」誰かであっていいわけがない。
そういうこだわりのないところにはいい音楽はないし、「何が美しいか」などという、あるようでないものさしをしっかりと持ち続けることができない。
これは若かろうと歳をとろうと同じことで・・・。ただ、若い時と歳をとった時に違うのは、あたりまえだが歳をとったときには老いた自分から若かりし時の自分が見えるのだ。その逆はない。歳をとった自分はこうなるに違いないと憶測するだけだ。
そう考えれば若い時に思いきり屈折することにも意味がある。特に、どんな音を選び聴くのかという問題などは、あえて「ない音」「ハズシた音」を聴いて対岸からメインストリームを見下ろすことで、ものさしがどこにあるのか確かめつつ自らの耳は肥やすことができる、言ってみれば大きくなるための冒険なのだ・・・。

音をめぐって音を聴く以外の方法で他者と交流するのは、音を聴くことができるもの同士でないと成り立たない。とても面白いことだと思う。最近もある掲示板に、文章だけでうろ覚えの曲の曲名を尋ねたことがあって、その筋に詳しい人がピンときてズバリ答えていただいた。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。