難しい事を言うつもりはありませんが、一度きりの人生、考えてもいいと思う事は結構あります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
言葉はどこまで届くのか

「自分を大切にできない人は他人を大切にできない」という言葉をよく聞くし、なんとなく同意するが、その真意については掴みきれない・・・といった投稿がありました。僕には、この、「重要なことだと薄々は分かっているが、本質的なことはぼやけたまま」という状態がいいことだとは思えません。そこで、僕も考えてみました。


自分はなぜ存在しているのでしょうか?ほんとうにここに、ありありと在る物体が、間違いなく自分自身であると、誰が認めるのでしょうか?他人が認めるからではないですか?そして、自分以外の誰か、あなたの友達の例えばA子さんも、A子さんがA子さんであると認めるのは、A子さんではなくて、あなたを含めた他人です。
人間というのは、こうしてお互いの存在を認め合う事で生きています。もし今、仮に、あなたが自分自身に悲観して、絶望して、自殺未遂や自傷行為に走ったとします。そのこと自体は自由だとしても、上記の事からすれば、その行為は、自分自身を大切にしていないだけでなく、あなたのことをあなた以外の何者でもないと認めている多くの周りの人の視線や思い、気遣いや折り合い、共有物や共感、かけがえの無い価値観の共有、これらのものを全て破壊し、無き物にしてしまうことになります。


・・・言葉というのは、人間と同じで、表層の印象と本質の部分があると思います。流麗なフレーズは、それだけで人間を惹きつけることができますが、多くの場合、その部分のみに流されてしまい、それはやがて真意を変質させてしまう。こうした日常に慣れてしまうことは残念なことです。本質を直観することに意識的でないと、上っ面だけを捉えた浅い人生になってしまう。ゆがみにも気がつかないのです。質問投稿者を含め、多くの人が冒頭の言葉を受取り、それをなんとなくいい言葉として通り過ぎる。しかし、そんな人々の中で、一体どれだけの人が、「なぜ自分を大切にしないといけないのか」と言った問いに答えられるでしょうか。今の世相はとかく、自分は自分、他人は他人です。多くの親がそう言いながら子どもを育てています。しかし、そのようなぶつ切りの社会を育ててしまっては、こういった問いの本質にはたどり着けないのです。

スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。