難しい事を言うつもりはありませんが、一度きりの人生、考えてもいいと思う事は結構あります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
学生は何を悩むべきか
今週はお疲れ気味なので、少し軽めな議題にします。
ある大学生が、他人から自分の容姿のことを褒められることについて、「悩んでいるのでどうしたらよいか教えてください」と投稿していました。つまり、自分としては自分の容姿が評価できないのに、周りが「かわいい」とか「美人だ」とか、人に紹介されるときも学校の自慢のように言われることについて、当惑している、ということです。どの程度深刻な悩みなのか、単なる自己表現の変形なのかは置いておくとして、マジメに回答してみました。

悩む場所が間違っています。
今は学生ですから、そのようなことは考えないかも知れませんが、ルックスや容姿を売り物にする商売でもしない限り、見た目の良さだけでは生きてはいけない時が必ずやってきます。
あなたの自信の無さは、「人間は容姿だけで出来上がってはいない」という暗黙に気がついているところから来ています。今、クラスの異性から容姿が悪いことで疎まれている人がいることを想像してみてください。人間は、美しいものに惹かれることはごく自然なことであり、またその逆には美しくないものは避けたい対象になってしまうのです。そんな状況から見れば、あなたはずっと良い環境にあると言えます。ただ、ここから先は、あなた自身の問題です。
人間の関係性の入口で、まず他人が「美しい」あなたに惹きつけられるのは、今のあなたにとっては大きなプレッシャーかも知れませんが、その先にあるものは容姿の良し悪しではなく、むしろその人(あなた)が持っているパーソナリティや人間性です。本当にあなたが可愛いか美人か、あるいはそうでないかは、あなたが判断する問題ではないのです。
大学時代というのは、こうしたことを考えるいい機会でもありますから、存分に悩んで、勉強して、今より大きなあなたになってください。

・・・昨今の女子というのは、こういうことで本当に悩むものなのでしょうか。まあでも、悩むにしても大学生になってこれでは、少しばかり将来が知れているような気がしますが・・・
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。