難しい事を言うつもりはありませんが、一度きりの人生、考えてもいいと思う事は結構あります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
西風と太陽(オキナワ04)
恩納村からはすぐに島の反対側、つまり太平洋側へ抜けた。そのまま北上すれば、歴史的な経緯があり地元では1号線と呼ばれる快適なR58を気持ちよく走れる事はわかっていたが、僕の物語ではここは夕日を浴びて南下してくる時にこそ走りたい、ラストシーンとしての設定になっているのだから、今味わうべきではないと判断したためだ。
北へ進むにつれて、行き交うクルマの数が極端に減っていく。アメリカの片田舎のような金武町を過ぎると、ヤンバルといわれる山がちな土地へと変化する。酪農の香りと、赤土と、時折むせ返るような草いきれを含んだ東南アジアの風。同じ旅路でも、リゾートホテルで感じる南国情緒は、どこまでいってもそれは南国情緒という言葉の範囲を超えない。あまりにも均質化されたお節介が入りすぎているからだ。だけど、もうここではそのような馴れ合いは皆無だ。初秋の少し遠慮の入った陽射しさえ、僕のささやかなadventurousを嘲笑うかのように照りつける。
それでも怯まずに、むしろハッとするようなコバルト色の入り江が目に入ってもバイクを停めず、黙々と走り続けるのは、「行けるところまで出来るだけ北へ行きたいから」が50パーセント、「久しぶりのツーリングでやはり興奮して浮き足立っているから」が48パーセント、「アメリカ兵が藪の中から出てきそうな気がする」が2パーセント、という心の内訳による。
西風は相変わらず強めで、思ったよりも早く雨雲を運んでくるかも知れない。物語のハイライトは中後半に集中しているのだ。結局、最北端まで北上するのは止めにして、今度は再び島を横断し、東シナ海側に出た。ここまで結構なワインディングも楽しめたのに、出会ったバイクはたったの1台で、普段は控えめにしているライダーの挨拶が、思わず大振りになってしまった。すれ違うライダー同士の一瞬の心の交流は、言葉を解さないところがいい。相手が何を思って、何を話すのかというような部類の話は、本来は自らに訊いてみるほうが余程前向きなのだ。

$つぶやき以上虚言症未満-kouri01

$つぶやき以上虚言症未満-kouri02

今回の旅で僕に翼を与えたKAWASAKI W650は、僕がバイクに乗り始めたときに最初に手に入れたバイクでもある。決して速くはないけど、味とか音は美人の部類だ。海へ面したコンクリート斜面にいた若い男女が、苔で滑ることを予想していなかったのか、手をつないだまま海の中へずり落ちていくのを眺めていた。女のほうはさすがに半ばはにかんだ悲鳴をあげていたが、男のほうは無言で為すがままに海面へ落ちていく。君は彼女のどこが美しくて、どこが愛すべきウィークポイントであるのか、いつも考えているか?・・・さて、太陽も西へ急いでいる。次回でこの旅も最終回にしよう。(つづく)

$つぶやき以上虚言症未満-kouri03
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。